携帯で見る

文学@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: ( ^ω^)誰もいないお (1) 2: 今読んでる本を晒すスレ (6) 3: ラノベは文学なのか? (31) 4: 君も小林秀雄になれる (107) 5: 文学板は廃墟と化しました (12) 6: 文学総合スレ (34) 7: 禁色←きんじき (4) 8: ことわざを言い返すスレ (2) 9: 読んでなかったら恥ずかしいって小説って何だ? (5) 10:三島由紀夫とかいうホモwww (1) 11:安部公房スレ (15) 12:★★★日記文学って何よ?★★★ (31) 13:コネコネ文壇 (3) 14:五十音 (5) 15:フランス文学 (3) 16:【Cut-up】ウィリアム・S・バロウズWilliamS.Burroughs【で、遊ぼう!】 (33) 17:村上龍ってさ (4) 18:枕草子について (9) 19:マクベスについて教えてくれ (2) 20:小説の題名を教えて下さい (3) 21:丸谷才一ってどこがいいの? (4) 22:和田豊辞めろ (4) 23:最も救いのない文学作品って何よ? (29) 24:女流作家 (9) 25:太宰治 (43) 26:自殺した作家たち (17) 27:読んだ長編 (5) 28:三島由紀夫 (31) 29:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (3) 30:現代海外文学作家スレ (20) 31:紀行文学 (8) 32:自然を描いた文学 (7) 33:マルセル・プルースト (17) 34:内田百間 (15) 35:大江健三郎の『政治少年死す(セブンティーン第二部)』は読むことが出来ない (7)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:1】( ^ω^)誰もいないお
1名無しさん@おーぷん:2017/02/18(土)17:39:30 ID:No5
( ^ω^)人間失格読んでみたけどつまらなかったお



名前: mail:

【2:6】今読んでる本を晒すスレ
1名無しさん@おーぷん:2016/08/26(金)21:57:53 ID:obC
『シャンタラム』新潮文庫

インドに逃亡した脱獄犯がそこで生活してゆくフィクション小説



2名無しさん@おーぷん:2016/11/14(月)00:38:24 ID:fG0
LAヴァイス
ピンチョンのヒッピー小説
ピンチョンのなかじゃかなり読みやすい

3名無しさん@おーぷん:2016/11/14(月)00:51:37 ID:fG0
最近読んでる本といえば漱石の妻が書いた回想録だ
これを読むことで『吾輩は猫である』の面白さが増したような気がする
例えば漱石が自分の子供をぶっ叩いたりして虐待していたことは聞いていたのだけれど、この本ではそれが統合失調症によるものであることがよく書かれている

ロンドンで漱石は、見慣れぬ環境と、孤独のなかで自分を追い込みすぎたせいで精神が参っちまったらしい
それがどう猫と関係するかというと、猫のなかに、苦沙味先生が外で俥屋が嫌がらせをしていると文句を言うシーンがあるんだ
吾輩は猫であるはほとんどが漱石の実体験に基づくもので、これもその例に違わない

漱石はロンドン帰り、「みんな俺の噂をしている」「だれもが俺に嫌がらせをしてくる」という被害者妄想に取り憑かれてしまった
俥屋の噂もそのひとつさ
猫ではそれが面白おかしく書かれてるけど、内心本人は本気だったんじゃないかと俺は思うね

4名無し:2016/11/14(月)01:04:15 ID:fG0
その虐待ってのを詳しく述べると、

漱石、妻、子供の三人が居間でのんびりしていた。すると突然、漱石が子供を思いっきりぶん殴ったそうだ。呆気に取られている妻と、泣き出す子供の前で、「お前も奴らの仲間か!」と漱石が糾弾する。漱石の目は焦点が合わず、キチガイとしか思えなかった。

あとで聞いてみると、漱石はロンドンである乞食に小銭を恵んでやった。善行をしたと思っていた漱石だったが、ちょっと立ち寄った店の便所に、ちょうど乞食に与えたのと同じ額の小銭が置いてあったのだそうだ。
「俺にこんな仕打ちをするのか。西洋人めバカにしやがって!」と憤怒した漱石は、その後もしきりに嫌がらせを喰らうようになる。街をゆく紳士淑女はみんな漱石の噂をしている。やれアバタ面だの、イエローモンキーだの。

もちろん本当にはそんな事実はなかったのだろう。
ただ、国費で、しかも独りで日本という国を背負ってしまった漱石は大変なストレスを抱えていたに違いない。とても真面目な人ではあったからね。胃が弱かったのもそのせいだろう。
独りでいると往々にして頭がおかしくなってしまうものさ。

話を戻すと、それで漱石は自分の子供が、わざわざ小銭を置いて嫌がらせをしたと思い込んでしまったというわけ。
その後はみんなの知ってる通り、段々漱石の症状は治っていって(もっとも統合失調症なんて病名、この頃には知られてなかっただろうね。漱石も精神病で通院はしてない)大成するようになっていったんだ。

5名無しさん@おーぷん:2016/11/14(月)01:08:25 ID:fG0
題名は『漱石の思い出』
文春文庫から出てるよ
暇つぶしには結構面白いからオススメ

6名無しさん@おーぷん:2017/01/31(火)08:52:16 ID:MpZ
みずからわが涙をぬぐいたまう日

クソむずい・・・・・

名前: mail:

【3:31】ラノベは文学なのか?
1名無しさん:2014/03/09(日)11:24:33 ID:LsSLdo4YF
将来の文学に西尾維新とか入っちゃうん?



22名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)23:06:31 ID:oJxedI87y
特殊な知識や研鑽が不要な内容なので、普通のひとがとっつきやすいという利点はある
おまおれ感覚

23名無しさん@おーぷん:2014/10/12(日)19:53:40 ID:ATGyU1lZd
世界的に有名なメガロポリスの中心に神聖不可侵の巨大な森がある。
その森にはその国の最高司祭が住んでいて、国民の安寧と安らぎを祈願している。
司祭は同時に世界最古の王家の末裔であり、世界で唯一の皇帝でもある。
伝説の3つの宝物は『神器』と呼ばれ、それぞれが霊的な古い聖所で
固く守られ表にでることはない。
司祭の住む巨大都市そのものもその成立時において、何重にも
念入りにある呪術者が守りを固めた人工魔法防御都市である。
空前の規模で、もはやこれほどの術を施された街は術の発祥の国にさえないのだ。

というファンタジーがこの国の21世紀のリアル。

24名無しさん@おーぷん:2014/12/18(木)16:35:39 ID:RS2
専門店街のお買い物券なみに、陳腐だとおもう。
このジャンルは、おたくくさいし、文学性はなし。










サラリーマンなみに陳腐

25名無しさん@おーぷん:2015/02/11(水)23:40:36 ID:Uj4
でも、文学性って概念も曖昧だよね

26名無しさん@おーぷん:2015/03/31(火)22:48:11 ID:xaf
百年後、研究者の対象であり得るか?

わからんね。

読者に媚びるな。
くたばれ、マーケッティング。
゛受けよう゛と思うな。

↑が良い文学作品を世に送り出す為の条件だと思う。
作者の気概だよ。

27名無しさん@おーぷん:2015/08/11(火)22:06:04 ID:wUS
文学よ

28名無しさん@おーぷん:2016/01/14(木)00:12:49 ID:iaP
文学というカテゴリに含まれるのは事実じゃないのか
西尾維新他ラノベ作家を扱った論文なんてここ数年で何本もあるし
ただ純文学という扱いは受けないだろ
今売れてるエンタメ小説の商業的な方向性の違いくらいな扱いなんじゃなかろうか

29名無しさん@おーぷん:2017/01/03(火)02:47:22 ID:zcd
ネット小説の「テンプレ」についての論文とかってないの?

30名無しさん@おーぷん:2017/01/18(水)18:30:50 ID:JbL
読むのを楽しめたら娯楽
得るものがあったら文学

31名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)17:31:41 ID:4Es
掟紙は知らんけど化物語なぁw
ヲタが好みそうなヒロイン勢揃いって感じ
ツンデレ好きも、ロリ好きも、妹キャラ好きもどうぞ!

話自体は好きだけど
高校生兄とためらいなく風呂に入る妹とか引くわ
兄妹で語り合うなら風呂である必要ないよな

名前: mail:

【4:107】君も小林秀雄になれる
1林秀雄:2016/09/28(水)03:06:47 ID:u64
鹿島茂『ドーダの人、小林秀雄』なる本を読んだ。つまらなくはないが,
結構売れているほどには面白くもないし説得力もない。
これなら俺の方がましなものが書けるぜ・・・というわけで,これから
徹底した小林秀雄批判をして行こうと思う。乞う御期待。



98BOCONON:2017/01/02(月)11:07:45 ID:dYP
まあ,そんなことは,どうでもいいんですけどねっ(ト顔の前で手を上下に振る)。

ところで,これはユーモアのつもりなのか?
             ↓  
> 或は,彼は何か別の事を実現してしまったに相違ない。

まあ,冗談としても別に面白くはないがな。
でも「どうすればモテるか」とか「どうすれば成功した人間になれるか」なんてことも,真剣に
考えて試行錯誤するなら無駄でもあるまい。音楽やお笑いのパターンを自分なりに研究して,そ
の結果ひとかどのミュージシャンになったチチ松村や,お笑い界の大物になった島田紳助のよう
な例もあるし。

99BOCONON:2017/01/02(月)11:08:54 ID:dYP
或いは学生時代に図書館に通って投資理論に関する本を読みつくしたという “オマハの賢人” ウォ
ーレン・バフェットの例もあることだし。

少なくとも小林秀雄の本など読み漁ってエピゴーネンとなってしまい,何が何やらわからない事ば
かり口走るような人たちよりはまだ生産的というもんである。

100BOCONON:2017/01/03(火)13:35:21 ID:yS5
ところで,芸術批評などは僕はやっていないが,書評のようなものは以下に少しづつ
書いているから「見たい奴は勝手に見たらいいだろう」。
“生き生きとした嗜好と尺度” が読み取れるか否かは知らんが。
              ↓
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/books/1410317926/l10

101BOCONON:2017/01/03(火)13:38:18 ID:yS5
むしろここでの書評では僕は「どんな分野であれ,理論的にあり得ることを予見できないならば
それは学問ではない」とか「いつも事が起こった後から何でもその理由が説明出来てしまうよう
な理論は,理論というようなものではなく,“神様がそう決めた” とかいうのと同じである」と云
った常識に立ってものを言い「だから橘玲や宮台真司の本などくだらぬ」などと言っていたりする。
僕は「他人の作品をダシにして自分の夢を語りたい」などとは別に思わないから。

102BOCONON:2017/01/03(火)13:52:01 ID:yS5
次に進もう。

> 嘗て主観批評或いは印象批評の弊害という事が色々と論じられたことがあった。

これ以下印象批評について書いている部分は,正直僕には誰の何の話をしているのやら
当時の事情を知らぬからよくわからぬ。もしかしてこれもマルクス主義の文学観に対す
る当てこすりなのかしらん?

103BOCONON:2017/01/03(火)13:53:53 ID:yS5
何にせよ僕としては(或いは多くの読者も)印象批評の何が悪いのやらわからない。印象
批評であろうとなかろうと,基本的に批評するには出来るだけ客観的に作品を理解した上
での事でなければ,そんなものは批評なんぞにはなりようがないではないか? なぜ「印象批
評で何が悪い?」と言わないのかどうも不分明である。

104BOCONON:2017/01/04(水)03:56:14 ID:i6z
小林は結局その問題には何も答えを出さない。

> 兎も角私には印象批評という文学史家の一術語が何を語るか全く明瞭でないが
> 次の事実は大変明瞭だ。
> 所謂印象批評のお手本,例えばボオドレエルの文芸批評を前にして,舟が波に
> 繊鋭な解析と溌剌たる感受性の運動に,私が浚われて了うということである。

「印象批評でたくさんじゃないか」と思うんならそう言えば良いだけの話である。唐突にボード
レールの批評の話などされても困るのだ。普通そんなものを読む奴なんてそんなにいる筈がない
んだから。
鹿島茂なぞもフランス文学の教授のくせにこの点については何も語っていない。多分ボードレール
の詩はとも角,批評など読んじゃいないのだろう。

105BOCONON:2017/01/05(木)16:56:27 ID:7nW
僕も勿論読んではいない。ちくま学芸文庫からボードレールの批評の本が出てはいるが,多分
読んでもわからないだろうし,読めばわかるとしても「僕の言いたいことがわからない? なら
ボードレールの批評を読みなよ。そうすりゃわかるだろうから」なんてふざけた “論文/批評/評
論” なんてものがあってたまるものか。

106BOCONON:2017/01/05(木)16:58:06 ID:7nW
そもそも「生き生きとした嗜好と尺度」と何かそれ以上のものによってボードレールが批評を書いていて,
それがいいのだとすれば,それが出来るなら別にボードレールじゃなくったって良い話である。
こんなところでそんな名前を持ち出すより自分でちゃんと説明したら良かろう。そうでなけりゃ,こ
んなものは単に権威づけにしかなりはせぬ。

107BOCONON:2017/01/17(火)04:09:30 ID:OAH
さて,迂闊にもここまで書いてきて気がついたのだが,僕はもはや文学なんぞには大して関心が持て
なくなっているのであった。もう既に1% 対 99% の戦いが始まっているのだ,この時代は。
小林秀雄も言った通りである。

  僕には戦争に対する文学者の覚悟という様な特別な覚悟を考える事が出来ない。銃をとらねばなら
  ぬ時が来たら、喜んで国の為に死ぬであろう。

但し,僕は国の為になんぞは死ぬつもりはない。なぜなら今は国なんてものはそれ自体が敵になりつつ
ある時代だから。

名前: mail:

【5:12】文学板は廃墟と化しました
1名無しさん@おーぷん:2016/11/21(月)00:00:40 ID:bWN
どうせ誰も書き込まないのだから、僕がここを好きに使ってやろう。



3名無しさん@おーぷん:2016/11/21(月)00:09:12 ID:bWN
11歳になった頃だ。まだ性が目覚めるか目覚めないかというこの時期に、ルソーは遥か先を行っていた。

彼は学校の先生が好きだった。それも彼女に鞭で叩かれるのが。
当時は罰として普通だった体罰だけど、ルソーはそれをされるたびに興奮して仕方なかったんだ。

4名無しさん@おーぷん:2016/11/21(月)00:12:52 ID:bWN
彼は道を歩く先生を見つけると、暗闇に隠れて彼女が来るのを待った。そして目の前まで来ると...ルソーは尻を先生に向けて「ぶって!」と懇願した!
しばらくして先生は辞めてしまったんだ。彼のせいでね。

その後もルソーは綺麗な女の子に会うと毎回罰を望んだ。「僕を叩いてみない?面白いよ」ってね。
でもその誰も、逃げてしまったり、嘲笑うばかりで相手にしてくれなかった。

5名無しさん@おーぷん:2016/11/23(水)04:36:11 ID:uMy
てs

6名無しさん@おーぷん:2016/11/27(日)02:40:08 ID:zsS
てs

7名無しさん@おーぷん:2016/11/27(日)03:26:23 ID:zsS
ハリーポッターの続編意外と面白い
ハリーの息子アルバスが主人公なんだけど、こいつが才能0の落ちこぼれという設定

8名無しさん@おーぷん:2016/11/28(月)02:26:20 ID:hVb
おーぷんで二次創作にすぎないって言ってる人いたけど、確かにそれは否めない
新しい何かってのがないんだよね
結局設定の使い回しになってる

9名無しさん@おーぷん:2016/11/30(水)15:19:44 ID:84X
てs

10名無しさん@おーぷん:2016/12/01(木)11:48:21 ID:joV
>>7
面白そうやな。サンガツ、読んでみるわ。

11名無しさん@おーぷん:2016/12/30(金)16:13:59 ID:E0N
ここマジで人おらんのな

12名無しさん@おーぷん:2017/01/02(月)09:42:03 ID:5EQ
小林秀雄スレの人くらいか、活発なのは。
ひとまずあけおめ

名前: mail:

【6:34】文学総合スレ
1名無しさん:2012/06/07(木)12:11:10 ID:BTOLtW7Gt
俺が文学だ



25名無しさん :2014/03/27(木)21:16:12 ID:E45cZgiVg
Amazon USで日本の小説結構読まれてるよ
太宰の「人間失格」とかアメリカ人に受けてて
笑ったw

26名無しさん:2014/03/28(金)15:30:18 ID:m3qqDNgz8
漱石つまんないよ暗いし

27名無しさん:2014/03/30(日)12:36:34 ID:IXQS9AzFQ
>>19
HAIKUを忘れるなよ

28名無しさん:2014/03/30(日)21:22:07 ID:UePd4SZxy
>>20
作品としては『源氏物語』、
作家としては三島か村上春樹じゃないかな。
三島はハラキリのお蔭で欧米で知名度があると思う。

29名無しさん:2014/04/24(木)11:57:58 ID:oWwnl9T1Y
2013年は書き込みなかったのか

30名無しさん@おーぷん:2014/06/23(月)01:52:42 ID:YCCfzUSx2
この誰もいないスレで秘かに覚悟を書き込んでおくか。
今から俺は文学の道をひたすらに突き進むぞ!
現実と極限まで摩擦しても、心身が自ずと根を上げるまで決して止まるものか。
安逸な逃げの手はもう捨てた、己の力量を信じて動き出すぞ!

31名無しさん@おーぷん:2016/07/07(木)23:09:56 ID:xAp
 葉の落ちる頃

わたしたちに親しかった 細長い形の葉の上に秋が来る
大麦の束にもぐりこんだ鼠の上にも秋が来る
見上げると ななかまどの葉も黄色くなっている
野苺のしめった葉も黄色くなっている

恋をしぼませる季節がわたくしたちを包む
哀れな二人の心もやつれ枯れている
わたくしたちを恋の炎が忘れ去る前に お別れしよう
あなたのうつむく額に くちづけと涙を残して

W.B.イェイツの詩より

32名無しさん@おーぷん:2016/08/10(水)23:12:19 ID:o8W
55

廃墟と化した城壁に鴉がとまり、
爪の間にケイカーウスの頭(こうべ)をはさみ、
ああ、ああと、声ひとしきり上げてなくーーーー
鈴の音も、太鼓の響きも、今はどこに?

56

天に聳えて宮殿は立っていた。
ああ、そのむかし帝王が出御の玉座、
名残の円蓋で数珠かけ鳩が、
何処(クー)、何処(クー)とばかり啼いていた。


TAMAM SHUD.

33名無しさん@おーぷん:2016/09/04(日)17:58:00 ID:Vf4
図書館に黒岩涙香の巌窟王があった
こんなレアな本があるとは謎である

34名無しさん@おーぷん:2016/09/19(月)20:37:42 ID:tlL
この板ももう終わりだな

名前: mail:

【7:4】禁色←きんじき
1名無しさん@おーぷん:2016/02/25(木)18:20:06 ID:kgT
きんしょくって読んでた
意味も、なんかホモを禁ずるみたいなものだとずっと思っていた

消えたい



2名無しさん@おーぷん:2016/08/10(水)23:14:55 ID:o8W
断食(だんじき)とかな

だんしょくだと男色になっちまう

3名無しさん@おーぷん:2016/08/25(木)18:16:17 ID:RR0
他人事も他人事って読んでる奴多すぎw w w

4名無しさん@おーぷん:2016/08/26(金)21:50:49 ID:obC
「じんじ(人事)」と間違えるから他人事って読むらしい

名前: mail:

【8:2】ことわざを言い返すスレ
1髭のある名無し:2016/06/05(日)17:56:58 ID:QJw
棚からぼた餅

棚から餅なんて落っこってこねーよ



2名無しさん@おーぷん:2016/06/05(日)18:05:07 ID:Whg
目の綺麗な人に悪い人は居ない

ことわざですら無さそう

名前: mail:

【9:5】読んでなかったら恥ずかしいって小説って何だ?
1名無しさん@おーぷん:2015/06/17(水)11:21:54 ID:kxM
最近読書してなかったから教えてほしい



2名無しさん@おーぷん:2015/08/27(木)05:54:05 ID:z5M
「十五少年漂流記」

3名無しさん@おーぷん:2015/12/04(金)22:12:47 ID:85s
いまどきそんなもんねーよ

4なななな、な梨:2016/04/21(木)13:03:52 ID:Nhy
平家物語、近松世話物

5髭のある名無し:2016/06/05(日)17:58:13 ID:QJw
源氏物語

名前: mail:

【10:1】三島由紀夫とかいうホモwwwww
1名無しさん@おーぷん:2016/03/14(月)05:20:14 ID:qyw
一番の傑作は午後の曳航



名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2017 satoru.net